>

そこでしか食べられないグルメ

稲庭うどんを食べる

全国的に有名なうどんなので、名前を聞いたことがある人が多いと思います。
秋田の名物と言えば、稲庭うどんでしょう。
都会でも、稲庭うどんのお店があります。
しかし秋田には本店があるので、ぜひ本店へ行って食べてください。
暑い夏に行くなら、つけ麺で食べるのがおすすめです。
喉ごしが良いので、食欲がない時でも食べられます。

稲庭うどんは、乾麺という部分が特徴です。
そのため、おみやげに買うとしばらく保存できる面がメリットです。
秋田に旅行しに行って、稲庭うどんが気に入ったらおみやげで買って帰りましょう。
自宅に乾麺があれば、好きな時に食べられます。
稲庭うどん用の麺つゆも販売されているので、本格的に食べたい人は購入しましょう。

きりたんぽ鍋にもうどんが入る

もう1つ秋田県の代表的なご当地グルメと言えば、きりたんぽ鍋ですね。
メインはきりたんぽですが、実はきりたんぽ鍋にもうどんが入っています。
きりたんぽの汁とうどんの相性は抜群なので、うどんも忘れないで食べてください。
またきりたんぽ鍋には、比内地鶏も入っています。
それだけで、秋田県の名物を堪能できるでしょう。
秋田県を満喫したい人は、きりたんぽ鍋を食べましょう。

秋田県にはきりたんぽ鍋が食べられるお店も、たくさんあります。
特に寒い冬は、温かい鍋料理が最高ですね。
秋田の冬は雪が積もって見応えがありますが、気温が非常に下がります。
冬に訪れる場合は、寒さ対策も万全にしてください。
温かい恰好で訪れて、雪景色を楽しんでください。


この記事をシェアする